購入を検討している方へ、CoD:MWは面白いと伝えたい!

購入を検討している方へ、CoD:MWは面白いと伝えたい!

2019年10月25日に発売されてから10日間ほど経ちました。立ち回りがやっと落ち着いてきた頃ですかね。

発売されてすぐに「MWクソゲー」がTwitterのトレンド入りしたのはご存じかと思います。YoutubeでもMWをクソゲーと紹介している動画が多く投稿されました。

ゲームが面白いかどうかは個人が決めることですが、あまりにクソゲー評価が多いと買うのを躊躇しますよね。

そこで今回は10日間MWを遊んだ感想と、クソゲー評価がされた理由や個人的に改善してほしい点について紹介します。

MWを買おうか迷っている人はぜひ参考してください。

※この記事はマルチプレイヤーについてのみ紹介します。
キャンペーンやコープの感想は出てきません

スポンサーリンク

MWの特徴

まずはMWの特徴を前作のBO4と比較しながら紹介します。

マップ

MWはBO4に比べて広いマップが多いです。どのCoD作品にも広いマップは1,2種類登場しますが、MWは全てのマップが広いです。

広いうえにリスポーン位置が端っこなので、チームデスマッチの時間切れになる確率が非常に高いです。
どれくらい高いかというと、過去作が数十試合に1回の確率だとしたら、MWは10試合のうちに3回ほど時間切れが発生します。

また、広いだけでなく複雑です。

小さな建物や部屋が入り組んでおり、ふらっと道に出れば窓がたくさん。クリアリングすべき場所がめちゃめちゃ多いです。

ミニマップの仕様変更もあって味方の援護に向かうのも一苦労となっています。

リスポーン位置

リスポーン直後に敵に撃たれる位置、いわゆるクソリス。MWはBO4よりもクソリスに遭遇する確率が低いです。(私の体感ですが…)

あとはリス位置の入れ替わりがほとんどありません。
敵の位置は予測しやすくなりますが、リス位置で有利不利が決まるマップだと逆転が難しくなります。一長一短ですね。

スポンサーリンク

キルタイム

BO4よりも格段に短いです。体力が150から100に変更されているので短くなるのは当然ですが、それでも短いです。

どれくらい短いかというと、走っている状態で敵に撃たれ始めると、銃すら構えられないほど短いです。

ミニマップ

過去作とは全くの別物です。表示される情報は自分を含めた味方プレイヤーの位置のみです。
(ヘリ等の位置も映りますが割愛)

今まで表示されていた敵の発砲場所(通称:赤点)は画面の上部分に表示されるようになりました。これにより赤点の方向と、だいたいの距離が分かります。

MWでの赤点の表示仕様

今までのミニマップに慣れていた人は、確実に戸惑う仕様となっています。

クソゲーと言われる理由

私が実際に遊んでみて、クソゲーと言われてしまう理由は3つだと思います。

無双が難しい

瞬溶けするMWでは連戦で撃ち勝つのが難しいです。
BO4でガンガン撃ち合って高レシオを叩き出していたプレイヤーは面白くないと感じるでしょう。

撃ち合い以外の時間が長い

マップが広いのでリスポーンしてから前線に復帰するまで時間がかかります。前線に復帰しても、撃ち合いに負ければまた前線までランニング…

こんなことを1試合のうちに何度も行うので、つまらないと感じる人が出てくるのも当然です。

マップが複雑すぎる

MWの特徴で少し紹介しましたが、複雑なマップが多いです。建物や小部屋が入り乱れており、クリアリングが困難&面倒。

BO4のマップは分かりやすい構造をしていたので、BO4に慣れた状態からいきなり複雑なマップに放り込まれると、対応しきれないのは当然かなと思います。

対応できない→成績が落ちる→面白くない→クソゲー

このように考えた人がたくさん現れたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

感想と改善点

まずは結論からですが、MWはとても面白いが改善してほしい点ありと私は遊んでいて感じました。

クソゲーと呼ばれる理由を説明してきましたが、その中で私が共感できるのは「撃ち合い以外の時間が長い」だけです。

「無双が難しい」はゲームに慣れて立ち回りが安定してくれば何とかなりますし、「マップが複雑すぎる」は慎重な立ち回りを生んで程よい緊張感を与えてくれるので、むしろ嬉しいくらいです。

現時点でも楽しいMWですが、個人的にもっとこうしてほしいなぁという点があります。

改善点1:撃ち合い以外の時間

クソゲー理由の1つですが、撃ち合い以外の時間(主にリスポーン後から前線復帰まで)を短くしてほしいです。

ルール問わず、マップの端の同じような場所でリスポーンするので、ただひたすら走る時間が長すぎます。

リス位置をもう少しオブジェクトの近くや、マップの内側にするだけで試合のテンポがよくなり、時間切れの試合も少なくなると思います。

クソリスが多少増えてもいいので、リス位置の調整をお願いしたいですね。

改善点2:チャレンジ関連

これまで全く触れてこなかったシステム面についてです。

過去作にもコーリングカード等のチャレンジはありましたが、複数のチャレンジを同時進行させることができました。

しかし今作は自分で指定したチャレンジしか進めることができません。

分かりやすい例だと、運よく4連フィードをできたとしてもキラーチャレンジを選んでいなければ意味がないケースですね。

チャレンジの同時進行ができないのは、やりこみ要素が増えるのではなく、手間が増えるだけなので、過去作の仕様に戻してほしいです。

最後に

総合的に見てMWはかなり面白いです。クソゲーではありません。

発売当初のクソゲー評価は、BO4からの方向性の違いに多くのプレイヤーが戸惑ったことによる一時的なものだったと思います。

今回は紹介していませんが、キャンペーンとコープもやりごたえがあるので、迷っている方は購入をおすすめします!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

知識
スポンサーリンク
シェアする
淡タントブログ

コメント